スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







一般の個人投資家が取るべき取引手法

日経225オプション取引は一般の個人投資家でも取引できるわけですが、基本的に
取引の大半をしめているのは大口の機関投資家です。資金量が圧倒的に大きいの
でとてもじゃありませんが、相手にしていたら大変です。



現物の株取引で取引量の小さい銘柄を取引されていた経験がある方はご理解いた
だけると思うのですが、大口による操作としか思えない相場展開が度々見られます。



資金量が大きいので一日に本当はできないはずの同一銘柄に対して何度も売りと
買いを繰り返しながら相場をコントロールします。板情報を眺めていると、明らかに
個人投資家の売りや買いを誘うために色々と仕掛けてきます。



同様に日経225先物日経225オプションでも相場を支配しているのは大口の機関
投資家であるということを理解した上で取引する必要があります。



現物の取引では具体的に理解できるのですが、オプション取引や先物取引の場合
はこうした動きに対して意識することはありません。しかし、機関投資家とて損はした
くない上に資金量が多いので一般の個人投資家のようには取引できません。



ですので、個人投資家は身軽さを武器にできるだけ身軽なポジションで取引される
と良いでしょう。特に不況時にはマイナスに動く力が強いので注意が必要です。







テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 日経225オプション取引

さらに詳しくしらべる


 検索例  
日経225オプション 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

日経225オプション デリバティブ コールオプション 日経平均株価 プット トレード 相場 証券会社 日経225 本質的価値 原資産 プレミアム 権利行使価格 日経225銘柄 日経225オプション取引 日経225mini 日経225先物 レバレッジ オプションSQ 大証 タイムディケイ ウォーレン・バフェット オプション 株価指数先物 証拠金取引 小額投資 先物取引 日経225オプション 投資家 特別清算指数 時間価値 コール 証拠金 アービトラージ 株式投資 アウト・オブ・ザ・マネー 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。