スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







アウト・オブ・ザ・マネーの仕組みについて



基本的に日経225オプション取引の売買そのものは、非常にシンプルなのですが、国内
のオプション取引自体がヨーロッパのオプションに強く影響されています。


ですので、用語自体が難しいです。当然のことながら、ほとんどが横文字です。


横文字に対して、苦手意識が強い人が少なくないのでが、残念ながら、こうした理由
で敬遠されてしまうのは本当にもったいないことだと思います。


ですので、できるだけ、関連用語を分りやすく解説させていただければと思います。


今回はアウト・オブ・ザ・マネーの仕組みについて解説させていただきます。


日経225オプション取引で原資産(株式の個別銘柄や株価指数など)価格と権利行使価格
が両者ともに、一番近い水準にある状態のことアウト・オブ・ザ・マネーといいます。



日経225オプションの場合、コール・プットとも権利行使価格≒日平均株価(日経225)
の状態をいい、本質的価値(権利行使することで得られる利益)はゼロの状態です。







テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 日経225オプション 原資産 アウト・オブ・ザ・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
日経225オプション 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

日経225オプション デリバティブ コールオプション 日経平均株価 プット トレード 相場 証券会社 日経225 本質的価値 原資産 プレミアム 権利行使価格 日経225銘柄 日経225オプション取引 日経225mini 日経225先物 レバレッジ オプションSQ 大証 タイムディケイ ウォーレン・バフェット オプション 株価指数先物 証拠金取引 小額投資 先物取引 日経225オプション 投資家 特別清算指数 時間価値 コール 証拠金 アービトラージ 株式投資 アウト・オブ・ザ・マネー 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。