スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







日経225オプションでリスクヘッジする



投資の世界では後世にその名を残すほど偉大な伝説を残した投資家がここ日本でも沢山います。
偉人達が残した沢山の相場の格言の中に『隗よりはじめよ』という名言がございます。

金融商品にだまされるな!



今現在、世界中に国の数だけ株式市場がございますが、これらが中心となって作り出した金融
資本というものが望む望まないに限らず年々拡大しています。



その株式市場を通してながら、我々のお金を運用することで拡大していく本質を理解するためにも
「日経225オプション買い」というデリバティブ(金融派生商品)を理解する必要がございます。



そうすることでどうなるかといいますと、まず、これまで株式投資を中心に行っていたのであれば、
いかに間違った情報によって、判断基準が狂っていたかを知ることが出来ます。



実際に日経225オプション買いはヘッジ、つまり資金防衛することを目的で作られた金融商品です。



日経225オプションは、サブプライムショック、リーマンショックなど、大きく相場が暴落するといった
有事といってもいいほどの非常事態に陥ったときこそ、高い威力を発揮します。

日経225オプション買いの実践



そして、その万が一の事態が起きる時のレバレジ(テコの原理)は凄まじいものがあります。



日経225オプションの特徴とされている「損失限定ー利益無限大」の効果をいかんなく発揮します。



もともとこの日経225オプションという金融商品は単独で投資するのではなく、いわゆるデリバティブ
(金融派生商品)の組み合わせ商品の一つとして開発されているのです。



こうしたことから、大手資本が有価証券を担保にして行う、信用取引のヘッジ(防衛策)のためにある
ものを、それが投機的に面白いので単独で行うようになった経緯がございます。



最大の特性である損失限定ー利益無限大は一日で投入資金の5倍、10倍を超えることも不可能では
ないゆえに、日経225オプション取引のヘッジ機能としての効果は抜群です。

しっかり儲ける日経225オプション取引入門



しかし、こうした成果を実際に得られる機会は年間を通して非常に少ないです。



あくまでも万が一のときだけです。通常の日経225オプションの勝率は1/10以下といわれるほど厳し
い結果となっているので資金管理が重要視されます。



ただし、株式と比較して資金料が一般的に10万円~100万円くらいと、小額の資金から始められます。



そして、権利を行使しなければ投入した資金以上に損失を被ることありませんので、とくに最近では、
より投機的でおもしろい「日経225オプション」に、シフトされる人達が増えているようです。

就職先はブラック企業








テーマ : 先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : デリバティブ

さらに詳しくしらべる


 検索例  
日経225オプション 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

日経225オプション デリバティブ コールオプション 日経平均株価 プット トレード 相場 証券会社 日経225 本質的価値 原資産 プレミアム 権利行使価格 日経225銘柄 日経225オプション取引 日経225mini 日経225先物 レバレッジ オプションSQ 大証 タイムディケイ ウォーレン・バフェット オプション 株価指数先物 証拠金取引 小額投資 先物取引 日経225オプション 投資家 特別清算指数 時間価値 コール 証拠金 アービトラージ 株式投資 アウト・オブ・ザ・マネー 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。