スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







書籍を鵜呑みにする危険性とは?


オプションに関する書籍の多くが、オプションの売りではなく買いを推奨しています。


オプションは買い手のリスクが限定されるものの、売り手のリスクは無限大とたいていの
書籍に書かれていますが、実はここが盲点となっています。


業者は独占的にオプションの売りを行っているのは、ボランティアのためではありません。


当然のことながら利益をあげなければならないので、個人から利益を奪わなければならない
ので、個人をかもとするために、オプションの売りを拒絶させます。


本来であれば原市場でのヘッジの重要性をまず説くべきであって、それを無視してオプション
の売りを拒絶させるようなことを説くのは良心的とはいえません。


というのも、原市場でヘッジすることでリスクの無限大とならない仕組みがあるからです。


そのためオプショントレーダーは売りと買いの両方で利益をあげることができるわけですから
書籍をそのまま鵜呑みにすると大変なことになりますので、注意が必要です。







スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 日経225オプション デリバティブ

ウォーレンバフェットとの昼食が2億円で落札



日経225銘柄に明るい話題はなく、日経225を牽引するトヨタが円高により国内での製造が
限界を超えたと発表するなど、さらに国内企業の海外進出が加速することになりそうです。


あまりにも暗い話題ばかりなので、ここで景気の良い話題を一つ、米国の投資家ウォーレン
・バフェット氏と昼食を権利が競売にかけられ、約2億円以上で落札されたようです。



「転載開始:YUCASEE MEDIA (ゆかしメディア)」

『バフェット氏との昼食が史上最高額2億1000万円で落札』
http://news.livedoor.com/article/detail/5627256/


米著名投資家ウォーレン・バフェット氏とともに昼食する権利のインターネット競売が10日
(米時間)で終了し、史上最高額となる263万ドル(約2億1000億円)で落札された。


落札者の氏名は明らかになっていない。


2000年に始まったこのオークションだが、第一回目が2万5000ドル。その後は高騰して
いき、昨年の262万6000ドルが過去最高となっていた。


今年は、約1万ドル分だけ上乗せされて記録更新となった。


この収益金は、サンフランシスコのグライド財団にすべて寄付される。

「転載終了」


いや~お金があるところにはあるんですね。米国は不況にあるといっても、1億円以上の資産
を持つ人が全体の1割以上いるので、こういったことが当たり前のようにできるんでしょうね。








テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : ウォーレン・バフェット 投資家

さらに詳しくしらべる


 検索例  
日経225オプション 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

日経225オプション デリバティブ コールオプション 日経平均株価 プット トレード 相場 証券会社 日経225 本質的価値 原資産 プレミアム 権利行使価格 日経225銘柄 日経225オプション取引 日経225mini 日経225先物 レバレッジ オプションSQ 大証 タイムディケイ ウォーレン・バフェット オプション 株価指数先物 証拠金取引 小額投資 先物取引 日経225オプション 投資家 特別清算指数 時間価値 コール 証拠金 アービトラージ 株式投資 アウト・オブ・ザ・マネー 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。