スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







現物取引だけでは利益をあげるのは困難



日本の場合、アメリカのような大胆な金融政策を取ることができないものですから依然として
リーマンショック以前の状態には程遠い状態にあります。


市場全体に停滞した雰囲気が漂っています。


こうした雰囲気がそのまま日本経済に反映されることになります。


また、長期的にドル安・円高トレンドが継続するため海外勢の長期的な投資が入りにくいので
来年以降も個別銘柄への投資がより困難になります。


ましてや現物買いだけで利益をあげるのは本当に難しい相場展開が続くと思います。


長期的な下降トレンドにあるので停滞と下降を繰り返す可能性が高いからです。


中長期での投資で利益をあげられないとなるとどうなるか?。


より投機的な相場展開が活発化することが予想されます。


短期で効率よく利益をあげようとする動きが大口の間でより顕著になるからです。


為替相場はすでにこれまで以上に投機的な動きが活発化しています。


そうなると個人投資家にとってより難しい相場展開を迎えることとなるわけです。


であるならば、リスクを限定でき、なおかつ特別な銘柄分析を行う必要がない日経225オプション
のような短期売買に適した商品での取引が今後より注目を集めることが期待されます。









スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 日経225オプション

さらに詳しくしらべる


 検索例  
日経225オプション 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

日経225オプション デリバティブ コールオプション 日経平均株価 プット トレード 相場 証券会社 日経225 本質的価値 原資産 プレミアム 権利行使価格 日経225銘柄 日経225オプション取引 日経225mini 日経225先物 レバレッジ オプションSQ 大証 タイムディケイ ウォーレン・バフェット オプション 株価指数先物 証拠金取引 小額投資 先物取引 日経225オプション 投資家 特別清算指数 時間価値 コール 証拠金 アービトラージ 株式投資 アウト・オブ・ザ・マネー 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。