スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







日経225オプションの取引口座を開く方法


これから日経225オプション取引を本格的に始めるにあたって、まず最初に行なわなければならない
のが、日経225オプション専用の取引口座を開設することです。


ですので、すでに株を取引されている場合は、今現在利用されている証券会社が日経225オプション
を取引することができるのか確認してみてください。取引できる場合の手続きは簡単です。


しかし、日経225オプションを取り扱ってていない場合は、実際に日経225オプションを取り扱っている
証券会社にて新規で取引口座を開設しなければなりません。


日経225オプションを取引するための各種手数料は証券会社によって異なりますのでコスト面を重視
されるのであれば、事前に調べた上で比較検討する必要があります。一般的に日経225オプション
取引を取り扱っている証券会社は2つのタイプがあります。特徴は以下の通りです。



●オプションの買いのみ行なえる口座


●オプションの売り買い両方対応し、先物取引にも対応している口座




基本的に前者の場合は反対売買して決済するための売りは可能となっていまして、このタイプの口座
を開設する場合は比較的簡単に開設することが可能となって意ます。


一方、後者の場合はそれなりの投資経験が必要となります。ですので、証券会社の電話による面接や
資産状況などの審査を受けます。リスクか大きいので気軽に始めるわけにはいきません。


口座開設は無料のところがほとんどです。まずは気軽に資料請求を行い、証券会社の特徴をしっかり
と調べた上で、納得した証券会社で取引口座を開設することをお勧めします。







スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 日経225オプション

コールオプションの基本的な買い戦略について


コールオプション買いとは具体的にいいますと、原資産の価格が今後上昇することを予め予測して行う
オプション取引です。 つまり現物取引でいうとコールを買うことで、コールを買うという ことは、通常の
株式投資と同様に、将来的に日経225が上がることを予測して投資することをさします。


そして、日経225の上昇期待だけでなく、限月や権利行使価格の選択、仕掛けのタイミングなど、ある
程度は緻密な投資戦略を練らなければなりません。 この場合、コールオプション買いと株式投資で
いうところの現物株の購入との間には大きな違いがございます。


コールオプション買いも株式投資も将来、株価が上昇することを予測して、投資することは基本的に同じ
です。 両者の決定的な違いは、株式投資はその株式を発行した会社が倒産しない限り、永遠に投資を
継続出来るのに対してコールオプション買いには時間の制限がございます。


残存期間3ヶ月のコールを買ったとすると、株価の上昇がその期間内に起らない場合、その投資は失敗
に終わります。 現物株式投資であれば、投資した会社が倒産しなければ、仮に株価が購入した時の
現状半分以下になったとしても、2年後に買値より上昇すれば、利益を得るチャンスはございます。


しかし、コールオプション買いの場合はコールが満期に達する前に日経225が上がらなければ、投下資金
は最終的に回収不能になってしまいますので十分注意する必要がございます。







テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : コールオプション 日経225

さらに詳しくしらべる


 検索例  
日経225オプション 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

日経225オプション デリバティブ コールオプション 日経平均株価 プット トレード 相場 証券会社 日経225 本質的価値 原資産 プレミアム 権利行使価格 日経225銘柄 日経225オプション取引 日経225mini 日経225先物 レバレッジ オプションSQ 大証 タイムディケイ ウォーレン・バフェット オプション 株価指数先物 証拠金取引 小額投資 先物取引 日経225オプション 投資家 特別清算指数 時間価値 コール 証拠金 アービトラージ 株式投資 アウト・オブ・ザ・マネー 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。