スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







株の信用取引きとオプションの違い


オプション取引と信用取引きの共通点として一番大きいのはなにかと
いいますと、将来の価格変動を予想した取引という点です。



なので、価格が上昇すると思えば、信用取引きならカラ買いし、オプ
ション取引であれば、コールを買うか、もしくはプットを売ります。



そして、価格が下落すると思う場合は、信用取引ならカラ売りします。
オプション取引であればコールを売るかプットを買うわけです。現物
株の売買とは大きく異なるのがお分かり頂けるかと思います。



そして、将来現物の売買いにつながる効果がございます。こういった
点から考えても両者には共通点が非常に多いです。



オプション取引は、オプション自体の相場変動によって利ザヤを稼ぐ
こともできるのですが、たとえば株価の上昇をうけてコールの買い方
が権利行使を行使したと仮定します。



その場合、売り方は、オプションの対象となっている株式を保有して
いない限り買い方に渡す株式を市場から買付けることになります。



プットの場合はこの逆に、株価が下落したとき、買い方が権利行使を
宣言すると、買い方が、市場から調達した安い株を元々の高い値段
で売り方が引き取ることになります。



コールは株価が権利行使価格を上回り、プットでは逆に下回った時、
オプションの買い方が必然的に儲かる局面が訪れることにより、現物
株の移動が起ることになります。



また、信用取引きの場合は、途中で反対売買を行わない限り三ヶ月
もしくは六ヶ月後の期日までに必ず現物株の受け渡しが発生します。



いわゆる現株渡しや現引きです。ただし権利の売買であるオプション
取引は、その権利を放棄するという選択ができます。



買い方がが権利を放棄すれば、株の受け渡しは発生しません。この点
はオプション取引が信用取引きと大きく異なります。







スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

コール買いの自動権利行使について


日経225オプション取引も安く拾って高く売るをことによって利益が得
られるわけですが、仕組が複雑であるという理由で敬遠されます。



そして日経225オプションや日経225先物などのデリバティブ関連の
金融商品は、昨今の金融危機により、さらに危険視されています。



しかし、日経225オプションの仕組自体は非常にシンブルです。ですの
で今回は日経225オプションのコール買いの取引の仕組について簡単
ではございますが解説させて頂きたいと思います。



もし、コールを買って満期まで保有する場合は、オプション取引最終日
の翌日に算出されます特別清算指数日経225が、コールの権利行使
価格を上回ると想定した上で投資します。



9月限8500ーコールを1枚500円で購入したと仮定します。投資した
資金の総額は、手数料を除いて50000円です。



上述させて頂きました取引が成功するためにはオプション取引最終日
の翌日に算出される特別生産指数が、コールの権利行使価格を最低
でも購入時のプレミアム分を上回っていなければなりません。


上述した例の場合、500円がプレミアム分に相当します。


8500ーコールへの投資の損益分岐点は、特別清算指数が9000円
のときになりますので、9000円を上回れば利益が出ます。



また、思惑が外れてしまった場合でも権利を行使しなければ、投入した
50000円のみが損失することになりますので、リスクが限定されます。







テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 特別清算指数

プレミアムの変動を把握する為の指標

日経225オプションにかぎらず、オプション取引にはプレミアムの
変動率を量るための指標があります。



デルタ(δ)、ガンマ(γ)シータ(θ)の3つがそれにあたるのです
が、株式や為替取引に慣れている方にとっては異質に感じる為、
オプションに対する抵抗感を生む要因となっています。



ガンマとシータに関しては日経225オプションを行なう上で特に
利用しなくても問題ない程度の指標です。



一方のデルタに関しましては日経225オプションをはじめとした
オプション取引には欠かすことが出来ない指標です。



ちなみにデルタから何が分るのかといえば、原資産である日経
225の価格変動した際のオプション価格の変動率が分ります。



オプション価格は日経225が変動すると、それに連動するよう
に変動しますので、デルタによってこの動きを数値化できます。



今現在、日経平均株価が8000円と仮定した場合、8000円の
コールのプレミアムが500円とします。



その後、日経平均株価が9000円まで上昇した場合には、日経
平均株価の変動幅の50%である500円が上昇することになり
ますのでプレミアムは1000円となります。


そして、デルタは権利行使価格によって異なります。


ATMで0.5、ITMはINへ向かって、日経平均株価から離れれば
離れるほど1に近づきます。また、OTMはOUTに向かって、日経
平均株価から離れれば離れるほどゼロに近づきます。







テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 権利行使価格

さらに詳しくしらべる


 検索例  
日経225オプション 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

日経225オプション デリバティブ コールオプション 日経平均株価 プット トレード 相場 証券会社 日経225 本質的価値 原資産 プレミアム 権利行使価格 日経225銘柄 日経225オプション取引 日経225mini 日経225先物 レバレッジ オプションSQ 大証 タイムディケイ ウォーレン・バフェット オプション 株価指数先物 証拠金取引 小額投資 先物取引 日経225オプション 投資家 特別清算指数 時間価値 コール 証拠金 アービトラージ 株式投資 アウト・オブ・ザ・マネー 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。