スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







モノライン救済策報道で大反発



前日の東京市場は日経平均株価が大幅高となり前日比256.01円高
の1万2829.06円で、また、日経225先物3月限は前日比290円高の
1万2800円で取引を終えております。


そして、日経225オプションは、コールオプションが大幅反発した
影響から値を消すこととなり、一方のプットオプションは急落から
再び切り返す展開となっております。



FRBが電話会議にて緊急でFOMCを開き0.75%ポイントの利下げ案を
可決し、同日、米国株式市場がスタートする1時間前に発表したの
ですが、ダウ先物が500ドル以上下落していたことから一時400ドル
以上の下げ幅をつけて暴落しました。



その後、金融株を中心に買い戻しの動きが高まり下げ幅を縮小し
て取引を終えております。




一方、シカゴ日経平均先物が1万3110円と大幅高だったことを受け
て東京市場も朝方から買いが先行する形でスタートしました。



一時は1万3000円台に乗せる場面もみられたのですが、台湾、香港、
上海などアジア市場の上値が重かったことやGLOBEXで米株価指数
が軟調だったため後場に入るとは伸び悩むこととなりました。



一時50円割れとなる場面もありましたが、インド株式市場が上昇し
て始まると市場にて安心感が広がりまとまった買いが入りました。



そして、2日続けて米国株式市場は暴落してスタートすることになっ
たのですが、午後に入ると、金融株や小売株を中心に買い戻される
こととなり、終わってみれば、大反発となっております。



また、モノラインの救済策報道は大きなインパクトがありますが、
急降下、急上昇しているので、むやみに買い進めるのは危険です。





応援クリックおねがいします。

FC2 Blog ランキングへ

人気blogランキングへ




投資は自己責任でお願いいたします。
 
日経225オプションの記事の内容の誤りや、誤字脱字
など一切の責任を負いませんので予めご了承下さい。

日経225オプョンが分かる金融取引道場トップへ







スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
日経225オプション 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

日経225オプション デリバティブ コールオプション 日経平均株価 プット トレード 相場 証券会社 日経225 本質的価値 原資産 プレミアム 権利行使価格 日経225銘柄 日経225オプション取引 日経225mini 日経225先物 レバレッジ オプションSQ 大証 タイムディケイ ウォーレン・バフェット オプション 株価指数先物 証拠金取引 小額投資 先物取引 日経225オプション 投資家 特別清算指数 時間価値 コール 証拠金 アービトラージ 株式投資 アウト・オブ・ザ・マネー 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。