スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







オプションのクレジット・スプレッド


今回はクレジット・スプレッド(Credit Spread)の仕組みについて誠に簡単ではござい
ますが解説させていただきたいと思います。



まず、クレジット・スプレッドの前にスプレッド取引について解説させていただきますと、
スプレッド取引とは価格や金利の差を利用した取引をさします。



日経平均株価を原資産とする日経225オプション取引におきましても権利行使価格や
限月の違いを利用したスプレッドポジションがございます。



そして、クレジット・スプレッドのクレジットとはどういったものかといいますと、建て玉の
時点でのプレミアムの収支がプラスであるということをさします。



そして、反対に収支がマイナスでプレミアムを多く支払う状態をデビットといいます。
クレジットスプレッドを作るさいに、権利行使価格のオプションを売り、それに対して
500円(もしくはそれ以上)OTMよりの同限月のオプションを同枚数買います。



上述したことを行うことにより、この時点までに売り買い両方の売買したプレミアムの
差額を、プレミアム収益として受け取ります。また、それと同時に買い玉が売り玉の
ヘッジの役割を果たすことから、最大損失額を限定することが可能となります。



クレジットスプレッドはタイムディケイを狙った戦略で、最大損失額が限定されている
ことから日経225オプション取引では保守的な戦略とされています。



日経225オプション取引においてポジションを建てるいちをITMに近づけるほどリスク
や期待できるリターンが大きくなり、またOTMにいくほど小さくなります。



実際には売り戦略でコール・プットともに変動に弱く、ボラティリティが上がっていくこと
によって必然的にプレミアムが高くなり、損失の可能性も高まります。



こうしたことから、受け取りプレミアム分をタイムディケイによって守りきれるかが勝負
となり、狙える利益は少ないながらも、ネイキッド売りより必要証拠金が少ないので、
成功する確率の高い戦略とされています。







スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
日経225オプション 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

日経225オプション デリバティブ コールオプション 日経平均株価 プット トレード 相場 証券会社 日経225 本質的価値 原資産 プレミアム 権利行使価格 日経225銘柄 日経225オプション取引 日経225mini 日経225先物 レバレッジ オプションSQ 大証 タイムディケイ ウォーレン・バフェット オプション 株価指数先物 証拠金取引 小額投資 先物取引 日経225オプション 投資家 特別清算指数 時間価値 コール 証拠金 アービトラージ 株式投資 アウト・オブ・ザ・マネー 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。