スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







コール買いで利益確定するポイントとは?


コールへの投資は、株式と同様に、コールを買って、コールのオプション価格(プレミアム)が買値
よりも上昇すれば基本的にいつでも売却して利益を確保できます。


ですので、こうした場合は原資産が必ずしも権利行使価格を上回る必要はありません。プレミアム
が買値より上昇すればいつでも売却して利益を得ることができます。


例えば今現在の日経225の水準が10000円で推移していたとします。また、この時に2009年9月
限の相場にて10500円コールを800円で1単位買ったと仮定させていただきます。


そして、日経225が10200円上昇し、IV:予想変動率も上がったことにより、10500ーコールのプレ
ミアムが900円で売却すると100円×1000=10万円の利益を確保することができます。


基本的にオプション取引では、ある時期は利益になっと思っていても、満期を迎えると最終的には
損失で終わるケースが非常に多いですので、この点には注意が必要です。


ですので、日経225オプションでは、コールへの投資は満期の前に利益を確保するのが一般的と
されています。このためスピーディーな取引を必然的に求められることになります。


現物取引と反対のポジションを取ることで、現物が仮に利益をあげることが出来なかったとしても
日経225オプションでカバーすることができますので、今現在のような乱高下の激しい難しい相場
では 保険的に日経225オプションを用いるのも一つの手です。







スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 日経225オプション 株価指数先物

さらに詳しくしらべる


 検索例  
日経225オプション 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

日経225オプション デリバティブ コールオプション 日経平均株価 プット トレード 相場 証券会社 日経225 本質的価値 原資産 プレミアム 権利行使価格 日経225銘柄 日経225オプション取引 日経225mini 日経225先物 レバレッジ オプションSQ 大証 タイムディケイ ウォーレン・バフェット オプション 株価指数先物 証拠金取引 小額投資 先物取引 日経225オプション 投資家 特別清算指数 時間価値 コール 証拠金 アービトラージ 株式投資 アウト・オブ・ザ・マネー 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。