スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







株価指数先物取引の仕組みについて


先物取引は売買をあらかじめ約束事として取り決めます。ですので、約束事であると
いう点では、日経225オプションも同じですが、中身が若干異なります。



先物取引の約束ごととは、予め決められた期日に、現物=原資産を代を支払って受
け取るか、現物を受け渡して代金を受け取るという約束です。例えば日経225先物
2009年3月限を1枚9000円で買い建てたと仮定します。



これはどういう意味かといいますと、という現物(株式)を2009年の3月の
期日に代金を支払って、受け取る約束をしたことを意味します。



先物には、現物の代金を算出するための「倍率」が決められます。そして、日経225
先物の場合は倍率は1000倍と非常に大きなものとなっています。また、先物取引
の単位もオプション同様に1枚、2枚という形で数えます。



日経225先物は、あくまで「指数先物」ですから、実際には現物の受け渡しは行われ
ない代わりとして差金決済が行われます。ちなみに差金決済とは、反対売買によって
最初に建てたポジションを解消することをさします。



ですので、もし、期日までポジションを保持した場合は、SQ(特別清算指数)によって
差金決済されることになります。もし、仮に差金決済で利益が出れば、その利益金が
取引口座に残りますので必然的に利益がつみあがります。



しかし、反対に損失であれば、その損失金額が取引口座から差し引かれることになり
ますのでこの点に関しては十分注意する必要があります。







スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 日経225オプション

さらに詳しくしらべる


 検索例  
日経225オプション 売買 手数料などと入力
メニュー

カテゴリー

お問い合わせフォーム


ユーザータグ

日経225オプション デリバティブ コールオプション 日経平均株価 プット トレード 相場 証券会社 日経225 本質的価値 原資産 プレミアム 権利行使価格 日経225銘柄 日経225オプション取引 日経225mini 日経225先物 レバレッジ オプションSQ 大証 タイムディケイ ウォーレン・バフェット オプション 株価指数先物 証拠金取引 小額投資 先物取引 日経225オプション 投資家 特別清算指数 時間価値 コール 証拠金 アービトラージ 株式投資 アウト・オブ・ザ・マネー 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。